結婚式ってしたほうがいい?

こんにちは。
イノハウェディング、プランナー&MCの笹川りえです。

突然ですが、「結婚式、やらないといけないのかな。」と思っていらっしゃる方、いらっしゃいませんか??

実は、私もそう思ってたんです。なにせ独身の頃から、毎週、お客様の結婚式をお手伝いさせてもらってきて・・・いざ、自分が結婚となると、いろんな演出もスタッフとしてみてしまうので、みなさんとは、違った理由かもしれませんが、「結婚式、やらなきゃいけないかな?」という気持ちになってしまっていました。
それは、自分のために、そんなお金をつかっていいのかな。という思いもあったからだと思います。趣味の旅行にその予算を使えば、マチュピチュにいけるかな、とか、妄想膨らみ、どんどん結婚式の優先順位が低くなっていたのです。それに、私は、どちらかというと、「お嫁さんになるのが夢」というキラキラ女子とは正反対の女子だったんです。「30歳になるまでに、がんばって!」とかいわれた日には「べつに、がんばってまで、するもんじゃないし」と、喉まででてきた言葉を飲み込んだものでした。出産のことだけを考えると、確かに若いほうがいいのかもしれないけど、人生のパートナーをみつけるのには、ほんとに人それぞれ、40代でも50代でも、いいんじゃないかな。と、今でも、思ってます。

そんな私でしたが、結局、披露宴をしました。挙式はゲストに誓う『人前式』で。なぜ、チャペルにしなかったかは、また別の機会にお話ししますね。結婚報告すると、「晴れ姿を楽しみにしてる」と言ってくださる人がいたり、母が、祖母が結婚式に着る着物にこめた想いを話してくれたり、、尊敬していたアナウンス学校の先生が関東にいってしまうなら、餞別に司会をしてあげる」とおっしゃってくれたことなどなど、きっかけになり、することになったんです。準備途中、妊娠がわかり、そのせいで親と、もめたり、ドレスを変更したり、半泣きで準備した披露宴でした。披露宴がおわっても、直後は、私の場合は、やってよかったーーーーというよりは、やっとおわった。が本音でした。


あれから10年以上時がたって、振り返り、今考えてみると・・・
結論は、やっぱり、やってよかったと思うんですよね。前置きながくなりましたが、結婚式楽しかった~!!っていう直後の感想ではなく、時間がたって、考えたとき、よかった!!!と思うことを、綴ってみたいと思います。

①相手の家族や親戚に同時に、きちんと挨拶できた。
もし、披露宴をしていなかったら、はじめましては、お葬式だったかもしれない親戚の方々。親戚づきあいなんてしない、という考えもあるけれど、私は、親戚や友達を共有することも、大切だとおもっていて。だから、なにかあったときに「はじめまして」より、「おひさしぶりです」が、心地よかった。

②自分の人生をふりかえることができた。
ご招待するゲストを考えるとき、自分が大切に思っている人、感謝したい人をいっぺんに、思い出しますよね。自分中心に大好きな人を全国各地から集めるなんて、結婚式だからこそ許されるわがままだったなって、しみじみ思います。

③結婚式の準備をするプロセスで、彼の価値観がわかった。
予算が限りなくある人にはあてはまらないことかもしれないですが、私たちの場合は、予算の上限をきめていたこともあって、何に予算をかけるか、徹底的に話し合いました。ゲストに感謝する会にしたかったから、お料理と引き出物に予算をかけたかわりに、挙式を宴内人前式にしたり、ウェディングケーキ入刀や動画撮影は、やめました。
結婚式が終ると、住む家、子育て、などなど、2人で決めることは次々にでてくるわけですが、二人の意見が100%同じということは、全然なくて、その都度、予算もあって、歩み寄りが必要。結婚式の準備は、いい練習でした。あまりに準備でもめる相手だったり、本音で話し合えない相手なら、結婚そのもの心配なくらい。彼、本人だけじゃなくて、その家の考え方というのも、一番わかったのが、結婚式の準備でした。
「そこは、まかせる」「ここは、ぜったい譲れない」
人生、それの繰り返しだなぁって、今も、思いながらすごしてます。

④母との思い出
衣装選びやお料理は、母と姑に相談しました。
なんでもない日常のあの時間が、母が他界したあと、何度も蘇ります。私の場合、母の他界は想定外。とにかく急で、病院についたときには、会話できなかったので、結婚式の準備の時の会話はいい思い出のひとつです。日常なんだけれど、衣装を選ぶときには、着物の柄にこめられた意味とか、母が大切にしている生き方とか、女性像とか、母がお嫁に来た時のことなど、今思えば、いろんなことを、まとめて話してくれる時間でした。
結婚式当日は、じっくり家族と話す時間はないので、これから準備される方には、新郎新婦お二人はもちろん、ご家族との思い出にもしていただきたいな、って思います。

というわけで、「なし婚をなしに」というコンセプトに激しく共感して、プランナーを引き継がせていただいているわけでございます。
結婚式をしたくないとおもったら、結婚式の何が嫌なのか、考えてみてくださいね。
それぞれに、いいかたちが、きっと、みつかると思います。

年始に、みなさまの幸せと、「なし婚がなし」になることを、願って。

イノハウェディングプランナー&MC 笹川りえ










「持ち込み」ってなぁに?

あけましておめでとうございます。
イノハウェディング プランナー&司会の笹川でございます。
本年も、よろしくお願いいたします。

もともと「もっと結婚式は自由にできる」という想いからはじまった、イノハウェディング。駅前でもない横浜市泉区の古民家レストラン猪之鼻庭も、たくさんの方に知っていただけるようになりました。来ていただいたみなさまに、感謝の気持ちでいっぱいです。
リニューアル後も、「プランのない結婚式」というコンセプトを受け継ぎ、きまりきったパッケージプランからではなく、好きなものをあつめた、それぞれにベストの披露宴を作り続けていきたいと、新年、心新たに、奮起しております。

さてさて、今日はイノハのこだわり、「もちこみ料、無料」「もちこみ自由」について。
「もちこみ料」とは、いったい、何の料金でしょうか?

お客様からは見えない部分ですが、カメラマンやお花、ドレスなど、通常は会場と契約している提携先があって、マージンが発生しております。お客様にカメラマン20万と見積もりにある場合、10万は会場へ入るという感じ。それは、会場が保障する提携先ということで、もちろん安心というメリットもあり、結婚式で利益をあげ運営している会場には必要な収入源になるのです。無料のフェアができるのも、この収入があるからです。
そこで、提携先以外から、お客様が何かをもちこむときには、たとえ、お客様の購入したドレスでも、なかなか無視できない金額の・・・けっこうびっくりする金額が「持ち込み料」として設定されていて、そんな高くなるなら、会場の提携先から選ぼうか、、、ということになるんです。イノハウェディングは、結婚式場ではなく、レストラン営業で運営しておりますので、その「持ち込み料」を無料にさせていただき、適正価格でいいものを提案していこう!ということです。

もちろん、プランナーの頭の中には、おすすめのお花屋さんやドレスショップ、ヘアメイクさん、カメラマンさんなどなど、たくさん信頼できる仲間がいます。ですが、マージン契約でつながった下請けの関係ではなく、お互い意見を言える、良きパートナーという関係。それぞれ得意分野で活躍するクリエイターの仲間なんです。会場がマージンをとらないことで、お客様に安い金額でご提案できるだけでなく、会場と業者の上下関係もなくなり、みんなでいい結婚式にしよう!という雰囲気になります。

それは、イノハウェディングが、結婚式で運営している会場ではなく、レストランだからこそできること。新婦が成人式に使われた振袖を持ち込まれたり、海外挙式で購入されたドレスをもちこまれても大丈夫。ちなみに、振袖を、結婚式でもつかっていただく、というのは、いつもお世話になっている、着物屋さんからのアイデアなんです。もちろん、売り上げは下がりますが、ご家族の想いがつまった、振袖を使うって、素敵なことですよね。

とにかくできる限り結婚式にお金を使わない美学、というわけではなくて、おめでたい披露宴で、こだわりたいことに予算を使う、ということに、力になりたいと思っています。もち込みが自由ということは、例えば、相場よりすごく高い値段のクリエイターをつれてきても、お支払いになる金額はそのままそのクリエイターさんに支払われるのです。憧れのクリエイターさんに、予算をかけるのも、ありですね。好きなものに予算をかけると、披露宴に、おふたりらしさ、があふれゲストの記憶にのこります。

そういえば昔、大阪の某ホテルで、司会者としてお手伝いした、新郎新婦。お二人ともお花屋さんに勤務されていて、列席者もお花屋さんがほとんど。予算の大半を生花につかったんじゃないか、というくらい、ゲスト一人一人のお皿に、ミニブーケが添えてあったり、司会台はもちろん、天井にも生花の豪華デコレーションで、ホテルスタッフもめずらしくて見学に入ったほどでした。そのかわり、お色直しは無し、演出はとてもシンプルなものでした。贅を尽くした富裕層の披露宴というわけではなく、お二人の共通の趣味でもあるお花にとことん予算をかけた、こだわりのご披露宴でした。

当時は、毎週毎週、違う会場で、時には1日2組の結婚式の司会をしており、10年以上たった今、すべてのカップルが記憶にあるわけでは、残念ながら、ないのですが、お二人らしさを追求した、お花屋さんの結婚式は、今、ブログを書いていて、鮮明によみがえるものでした。それは、きっと、お二人らしさを追求された披露宴だったから、ですよね。

派手婚もジミ婚も、たった1回の結婚式。好きなものに囲まれ、素敵なスタートを。
思い出の1日になりますように、誠意をもってサポートさせていただきます。

「こんなことできますか?」っていう、お問い合わせを楽しみにしております。

2020年元旦
イノハウェディング プランナー 笹川りえ@自宅

いろんなカップル

急に寒くなったり、また暖かかったり、11月も後半なのに、お洋服にまよう今日この頃ですね。inoha WEDDING 笹川です。

11月22日はいい夫婦の日、ということで、有名人のおめでたいニュースもいろいろ飛び込んできました。私が注目した入籍カップルは、「結婚式もしない、指輪も買わない」という方と、「幸せはお金で買える」と断言した方。どちらも、極端ではありますが、気持ちいいくらい「自分」があって、ある意味、いさぎよく、爽快でした。

大事なのは、「夫婦になる2人の価値観があっていること」
披露宴のお手伝いを長年させていただいて、そう感じます。

当たり前の演出も、二人がいらないなら、いらないでいい、そんなものに大金をつかって・・・と言われそうなことでも、二人が価値を感じているなら、それでいいんです。長い人生を一緒に歩んでいこうと決めたパートナーとのスタートになる披露宴は、お二人が「いいな」と思うスタイルを、話し合ってみてください。価値観が似ているということは、大事なことですよね。何を優先して、どこに予算をかけるかということは、結婚してからも、何度も直面する場面があるでしょうし、お互いの理想をさらけだし、あわない部分の摺合せ、歩み寄り、ができる2人って、素敵なご夫婦だなぁって、憧れます。

「プランのない結婚式」、これはもちろん「ノープランで無計画、適当にやります」ということではないんです。決まったパッケージプランがあって、ドレスはここから、お料理はここから、選んでくださいね。というスタイルではなく、好きなものを持ち込んだり、プランナーと一緒につくっていけるということです。お二人のお話の場に、まぜていただければ、こだわるならこんな選択肢、こだわらないなら、こういうやり方、などなど、ご提案させたいただきます。

「こんなこと、やってみたいんですが」
「ほんとは〇〇が苦手で、披露宴でやりたくないんですが」
そんなお問い合わせ、大歓迎です。

春夏にむけて、デートがてら会場の下見に、お気軽にお立ち寄りくださいませ。ご予約はお電話か、資料請求のフォームからお願いいたします。小さな会場ですので、下見の時と、実際の披露宴の担当者が違う!!というトラブルも、ございません。

お会いできるのを楽しにしております。

inoha WEDDING  プランナー/笹川りえ