視線を変えてみること

こんばんは。
inoha WEDDINGプランナーの神馬です。

先日ご提案いただいた、めちゃめちゃテンションの上がる企画。
やる気満々でした。とても楽しみでした。

しかし、“ふ”としたきっかけで視線が変わりました。

お客様も
スタッフも
共にウェディングを創っていくチームの皆様も
誰かがもやもやしてしまうウェディングは私はしたくないです。

何度とあるわけではない結婚式。
ただでさえ精神的に不安定になっている新郎新婦様。
(私も某式場のブライダルフェアに参加して号泣しプランナーさんにはお世話になりました…笑)

普段は何気ない、ちょっとしたことにも敏感に気になってしまうんですよね。
マリッジブルーなんて言葉もあるくらいですからね。

結婚式って、本当に多くの方が関わって出来上がることなのでいろいろな視線から物事を考えてみたら、自分が一番もやもやしてしまいました。
学生の頃から、周りに相談するのが苦手な(というより、気づいた頃には行動している)私の来月にかけての目標は、「相談する」こと。

もやもやしていたことに対して、いつもとは違う人に相談してみたらスッと心が落ち着きました。
仕事をしていくうえでの大切なパートナーなのに、どうしてもっと早く相談しなかったのか、、ちょびっと後悔もしましたが、相談すらできないでいた私にとってはきっと成長への一歩が踏み出せたんだと思います。

きっと、今ではなくもっとやるべき時期が来るはず!という確信が持てました。
決して上司や会社に反対された訳ではなく、inoha WEDDINGの目指す視点に立って考えた結果です。
本当にたくさん考えていただき、私の要望も汲み取ってくださった方たち。大好きです!
まだまだ生まれたばかりのinoha WEDDING、長い目で見てお付き合いしていただければ幸いです。

きっと、子どもが生まれて初めて迎えるクリスマスイブってこんな感じなんだろうなー。

今夜も冷えそうです。温かくしてハロウィンをお迎えくださいね。
1487447_773874885988978_7291339464010234664_n

inoha WEDDING
ウェディングプランナー
神馬(じんば)

想いよ届け!

おはようございます。
気持ちのいい秋晴れです♪
inoha WEDDINGプランナーの神馬です。

昨日は、いつもより少し早めに帰宅したのでハロウィンディナーにしました。
一応新婚なので、たまには料理もしっかりしなきゃ、と心がけてはいます、心がけては…。(笑)
かぼちゃのグラタンと、ミネストローネと、バーニャカウダにしました♪
1505518_699916023425883_6103596245608826112_n

そして、このバーニャカウダのきゅうりおばけの顔をせっせと作っているときに、
とても嬉しいメールが届きました。

その方は、巡り巡って私のブログを見つけてくださいました。

こういう、ご縁というか、運命というか、必然というか、、、
この気持ちを忘れず、大切にしていきたいです。

必要な方のもとへ情報を届けるには、どうしたらいいのか。
きっと、情報を必要とされている方もどうしたら見つけられるのかと困っているはず。

情報を持ってる側は探してる方の目線に立って発信しなきゃいけないし、
情報を探してる側も多くの人に伝え、よりたくさんのアンテナを張っておくことが大切ですね。

視野を広く、常識にとらわれない。
でも、芯はぶれないようにする。

inoha WEDDINGのHPは検索エンジンに全然ひっかからないので(笑)
そこも調整していかなきゃいけませんね。

ーーーーーーーーーーーーーー
今月もあと少し。
おすすめのパンプキンメニューがあれば教えてください♪

inoha WEDDING
ウェディングプランナー
神馬(じんば)

inoha WEDDINGの想い

こんにちは。
気温も下がり、雨降りな水曜日。

ですが・・・!
昨日、とても刺激的なお話を聞いたので燃えています。
プランナーの神馬です。

昨日は二件お話してきました。

一件目は、とある広告代理店さん。
inoha WEDDINGを“縁のある方”に知っていただくためには、
どのようなやり方がいいのか、共に考えてくださっています。

企画書を拝見させていただきまして、まーーわくわくが止まりません。
ウェディング業界って、広告料がとても高くて。
ただお金をかけるのではなく、お客様のためになることがしたい!という気持ちを
汲んでくださり、とてもおもしろい企画を考えてくださいました。
実施につながるといいな、がんばります。

そして、二件目は色々なカタチで結婚式に関わる方が集まる会でした。
プランナーさん、ビデオカメラマンさん、お花屋さん、貴金属制作の方など。
これからのウェディングをポジティブに考え、みんなで横のつながりを持とう!という会です。

私たちの班は、「持込料って本当に必要?それってお客様のため?」というテーマで語り合いました。
inoha WEDDINGでは、持込料はいただいておりません。
「ブランドとしての品を保つため」や「持ち込まれたものをチェックするのに人件費が発生するのは事実」など、
私としては「なるほど〜」と思うお話がありました。持込料は、ただの悪者ではないんですね(笑)
ただ、金額やネーミングの違和感、プランナーさんがうまく説明できないのではお客様としてはもやもやしてしまいますね。

それにしても、ブランドの品を保ったり、搬入からお渡しまで全てコーディネートするのがウェディングプランナーのあるべき姿ではないかな、と改めて感じました。
今のウェディングプランナーと呼ばれている人たちで、そこまでしっかり見ていられる方は極わずかだそうです。
一度に何件ものカップルを担当し、一組にそんなに時間がかけられない…そんな業界の現状に違和感を覚え、私はinoha WEDDINGでのプランナーになることにしました。
「お客様が希望されるから」という理由で、会場がちぐはぐになってしまうような空間作りをしようとしているなら、プランナーがしっかり意味とか想いを込めてお客様に教えてあげるべきではないでしょうか。
どうしてもそれがしたいというなら、「会場から選ぶ」という今の日本のシステムを変えていかなきゃいけませんね。

ただ、「やりたいこと」から結婚式の仕方を選ぶ未来はそう遠くないな、とも感じました。

inoha WEDDINGでは日々しっかり勉強して、基礎をしっかり持ったうえで、「お二人らしい」ウェディングのご提案をさせていただきます。
新郎新婦様とプランナーの自己満ウェディングでは、なんだか違いますよね。

せっかく結婚式という一生に一度の最高の儀式に携わるのだから、お客様も、スタッフたちも、パートナーさんたちも心から楽しめるのがいいですね。日本の結婚式がそうなっていくことを夢見て、雨にも負けずがんばります!!

inoha WEDDING
ウェディングプランナー
神馬

私事ですが…

こんにちは。
inoha WEDDINGプランナーの神馬です。

台風一過の晴天で気持ちのいい日ですね。
被害など、大丈夫でしたでしょうか。

さて、私事ですが、先日結婚式をしてきました。

自分のです!(笑)

野外フェスが好きな夫婦なので、自分たちでフェスを企画しました。

10530889_550754498404469_7653363324303030280_n

横浜市内のキャンプ場にて、世界でたった一つの結婚式でした。

やっぱり、わたしが提案したい結婚式はカタチにとらわれたものではなく、
新郎新婦様が本当に必要だと思うことを、愛を込めて考えること。

スタッフもゲストも親族も新郎新婦も、みんなが幸せになれる結婚式。

結婚式の前は準備に追われ、徹夜の日も続きました。
そんな目線も大切にしながらお二人と関わっていきたいです。

やっぱり、結婚式はしないよりは、するほうがいいに決まってます。

私がウェディングプランナーになりたいのは、
笑顔に囲まれたところでお仕事がしたいから。

高校生のときの気持ちを思い出しました。

私は笑顔が大好きです。
10676305_773892829320517_9001436508069847231_n

inoha WEDDING
ウェディングプランナー
神馬