結婚式ってしたほうがいい?

こんにちは。
イノハウェディング、プランナー&MCの笹川りえです。

突然ですが、「結婚式、やらないといけないのかな。」と思っていらっしゃる方、いらっしゃいませんか??

実は、私もそう思ってたんです。なにせ独身の頃から、毎週、お客様の結婚式をお手伝いさせてもらってきて・・・いざ、自分が結婚となると、いろんな演出もスタッフとしてみてしまうので、みなさんとは、違った理由かもしれませんが、「結婚式、やらなきゃいけないかな?」という気持ちになってしまっていました。
それは、自分のために、そんなお金をつかっていいのかな。という思いもあったからだと思います。趣味の旅行にその予算を使えば、マチュピチュにいけるかな、とか、妄想膨らみ、どんどん結婚式の優先順位が低くなっていたのです。それに、私は、どちらかというと、「お嫁さんになるのが夢」というキラキラ女子とは正反対の女子だったんです。「30歳になるまでに、がんばって!」とかいわれた日には「べつに、がんばってまで、するもんじゃないし」と、喉まででてきた言葉を飲み込んだものでした。出産のことだけを考えると、確かに若いほうがいいのかもしれないけど、人生のパートナーをみつけるのには、ほんとに人それぞれ、40代でも50代でも、いいんじゃないかな。と、今でも、思ってます。

そんな私でしたが、結局、披露宴をしました。挙式はゲストに誓う『人前式』で。なぜ、チャペルにしなかったかは、また別の機会にお話ししますね。結婚報告すると、「晴れ姿を楽しみにしてる」と言ってくださる人がいたり、母が、祖母が結婚式に着る着物にこめた想いを話してくれたり、、尊敬していたアナウンス学校の先生が関東にいってしまうなら、餞別に司会をしてあげる」とおっしゃってくれたことなどなど、きっかけになり、することになったんです。準備途中、妊娠がわかり、そのせいで親と、もめたり、ドレスを変更したり、半泣きで準備した披露宴でした。披露宴がおわっても、直後は、私の場合は、やってよかったーーーーというよりは、やっとおわった。が本音でした。


あれから10年以上時がたって、振り返り、今考えてみると・・・
結論は、やっぱり、やってよかったと思うんですよね。前置きながくなりましたが、結婚式楽しかった~!!っていう直後の感想ではなく、時間がたって、考えたとき、よかった!!!と思うことを、綴ってみたいと思います。

①相手の家族や親戚に同時に、きちんと挨拶できた。
もし、披露宴をしていなかったら、はじめましては、お葬式だったかもしれない親戚の方々。親戚づきあいなんてしない、という考えもあるけれど、私は、親戚や友達を共有することも、大切だとおもっていて。だから、なにかあったときに「はじめまして」より、「おひさしぶりです」が、心地よかった。

②自分の人生をふりかえることができた。
ご招待するゲストを考えるとき、自分が大切に思っている人、感謝したい人をいっぺんに、思い出しますよね。自分中心に大好きな人を全国各地から集めるなんて、結婚式だからこそ許されるわがままだったなって、しみじみ思います。

③結婚式の準備をするプロセスで、彼の価値観がわかった。
予算が限りなくある人にはあてはまらないことかもしれないですが、私たちの場合は、予算の上限をきめていたこともあって、何に予算をかけるか、徹底的に話し合いました。ゲストに感謝する会にしたかったから、お料理と引き出物に予算をかけたかわりに、挙式を宴内人前式にしたり、ウェディングケーキ入刀や動画撮影は、やめました。
結婚式が終ると、住む家、子育て、などなど、2人で決めることは次々にでてくるわけですが、二人の意見が100%同じということは、全然なくて、その都度、予算もあって、歩み寄りが必要。結婚式の準備は、いい練習でした。あまりに準備でもめる相手だったり、本音で話し合えない相手なら、結婚そのもの心配なくらい。彼、本人だけじゃなくて、その家の考え方というのも、一番わかったのが、結婚式の準備でした。
「そこは、まかせる」「ここは、ぜったい譲れない」
人生、それの繰り返しだなぁって、今も、思いながらすごしてます。

④母との思い出
衣装選びやお料理は、母と姑に相談しました。
なんでもない日常のあの時間が、母が他界したあと、何度も蘇ります。私の場合、母の他界は想定外。とにかく急で、病院についたときには、会話できなかったので、結婚式の準備の時の会話はいい思い出のひとつです。日常なんだけれど、衣装を選ぶときには、着物の柄にこめられた意味とか、母が大切にしている生き方とか、女性像とか、母がお嫁に来た時のことなど、今思えば、いろんなことを、まとめて話してくれる時間でした。
結婚式当日は、じっくり家族と話す時間はないので、これから準備される方には、新郎新婦お二人はもちろん、ご家族との思い出にもしていただきたいな、って思います。

というわけで、「なし婚をなしに」というコンセプトに激しく共感して、プランナーを引き継がせていただいているわけでございます。
結婚式をしたくないとおもったら、結婚式の何が嫌なのか、考えてみてくださいね。
それぞれに、いいかたちが、きっと、みつかると思います。

年始に、みなさまの幸せと、「なし婚がなし」になることを、願って。

イノハウェディングプランナー&MC 笹川りえ










年末年始 相談会のご案内

inoha WEDDING 笹川です。
いよいよ、冷えてきましたね~。
オープンしてから1か月・・
このHPをみつけていただき、お問い合わせくださいました皆様、
本当に、本当にありがとうございます。
心から、感謝申し上げます。
大好きな場所で、信頼できるパートナーの皆様と一緒に結婚式を続けていけること、
ありがたく、思いながら、日々過ごしております。

決して、豪華で派手な会場ではないのですが、和の趣を楽しんでいただける
「日本っていいな」「あったかいな」と感じていただける空間です。
海外で挙式をしたあと、国内でおじいちゃんおばあちゃんにも、晴れ姿を見せてあげる、というお客様からの、お問い合わせもいただきますが、そんなときにも、ぴったりの古民家だと思います。
駅前ではないかわりに、会場前に駐車場がございますので、小さなお子様や高齢者にもやさしいです。

さてさて、早いもので、
師走が近付いてまいりましたので、年末年始の営業日のご案内をさせていただきます。
今年の猪之鼻庭の営業は12月29日までとさせていただき、
12月30日~1月3日はお正月お休みにさせていただきます。

ですが、
「年末年始、帰省するついでに見学にいきたいです」
と、うれしいお問い合わせもたくさんいただき、下記の3日間、お気軽な相談会を企画しました。


12月30日
12月31日
1月3日

の3日間は、レストランはお休みですが、
料理長とプランナーの私で、お越しいただける方に
会場、ご案内したり、お話したりさせていただけるようにしました!!
inoha WEDDING 相談会です。
お待たせしては申し訳ないので、必ずご予約の上、お越しいただければと思います。

もともと、マージンはいただいていないスタイルなのでフェアとか、特典とかはないのですが、他の会場のお見積もりと比べていただければ、幸いです。
一般のお客様がいらっしゃらないので、自由に会場全体をご覧いただけますよ。
猪之鼻庭料理長と、プランナーの笹川に会いに来てくださいませ。
資料請求のページから、相談会のご予約・お問い合わせお待ちしております。

横浜も、ついに本格的に寒くなってまいりました。
結婚式会場をお探し中のみなさま、お疲れでませんように、温かくおすごしくださいね。
準備中のあれこれも、きっと、将来いい思い出になりますよ^^


inohaWEDDING  笹川りえ







いろんなカップル

急に寒くなったり、また暖かかったり、11月も後半なのに、お洋服にまよう今日この頃ですね。inoha WEDDING 笹川です。

11月22日はいい夫婦の日、ということで、有名人のおめでたいニュースもいろいろ飛び込んできました。私が注目した入籍カップルは、「結婚式もしない、指輪も買わない」という方と、「幸せはお金で買える」と断言した方。どちらも、極端ではありますが、気持ちいいくらい「自分」があって、ある意味、いさぎよく、爽快でした。

大事なのは、「夫婦になる2人の価値観があっていること」
披露宴のお手伝いを長年させていただいて、そう感じます。

当たり前の演出も、二人がいらないなら、いらないでいい、そんなものに大金をつかって・・・と言われそうなことでも、二人が価値を感じているなら、それでいいんです。長い人生を一緒に歩んでいこうと決めたパートナーとのスタートになる披露宴は、お二人が「いいな」と思うスタイルを、話し合ってみてください。価値観が似ているということは、大事なことですよね。何を優先して、どこに予算をかけるかということは、結婚してからも、何度も直面する場面があるでしょうし、お互いの理想をさらけだし、あわない部分の摺合せ、歩み寄り、ができる2人って、素敵なご夫婦だなぁって、憧れます。

「プランのない結婚式」、これはもちろん「ノープランで無計画、適当にやります」ということではないんです。決まったパッケージプランがあって、ドレスはここから、お料理はここから、選んでくださいね。というスタイルではなく、好きなものを持ち込んだり、プランナーと一緒につくっていけるということです。お二人のお話の場に、まぜていただければ、こだわるならこんな選択肢、こだわらないなら、こういうやり方、などなど、ご提案させたいただきます。

「こんなこと、やってみたいんですが」
「ほんとは〇〇が苦手で、披露宴でやりたくないんですが」
そんなお問い合わせ、大歓迎です。

春夏にむけて、デートがてら会場の下見に、お気軽にお立ち寄りくださいませ。ご予約はお電話か、資料請求のフォームからお願いいたします。小さな会場ですので、下見の時と、実際の披露宴の担当者が違う!!というトラブルも、ございません。

お会いできるのを楽しにしております。

inoha WEDDING  プランナー/笹川りえ











当たり前なんてことは、ない

こんばんは。
inoha WEDDINGプランナーの神馬でございます。

先日お伝えさせていただいた通り、
そば旬彩 猪之鼻庭は2019年1月5日をもって閉店いたします。
あまりにも突然決まった閉店。11月の終わりのことでした。

真っ先に浮かんできたのは、これまで猪之鼻庭で結婚式を挙げられた皆さんのこと。
自分が結婚式を挙げた場所が、なくなってしまうんです。
どんなに悲しいだろうか、何をして差し上げられるだろうか、と考えました。

閉店までの時間がない中で、私たちにできることはまず皆さまへお伝えすることでした。
これまでのカップルをリストアップして、ひと組ひと組にお手紙をお送りさせていただきました。
料理長の退職、猪之鼻庭が閉店すること、お時間が合えばご来店いただきたいということ、出会えたことへの感謝、
そして、お二人の応援団長であることには変わらないということ。

師走で慌ただしく時間がない中で、私が担当したお客様は今日までに4組いらしてくださいました。
都合が合わず行けないですが、と温かいお言葉をくださったお客様もいました。

せっかくご来店いただけるのだから、可能な限り会いに行こうと決めました。

IMG_6714
小田原から、家族で駆けつけてくださったゆうじさんとじゅんさん。
結婚式の日にお腹の中にいた赤ちゃんもこんなに大きくなりました。

ゆうじさんに
「なんか、好きなバンドが解散するみたいな感じですね。」
と言われました。

私も、ロックバンドが好きなのでよくわかります。
「バンドは生き物だ」なんても言われています。
いつ解散するか、メンバーが脱退するかわからないから悩むくらいなら絶対に見に行け、と。

ここからはだいぶプライベートな話になりますが、私にとって2018年は命について考えることが多い年でした。
年齢も30歳に近づき、自分も含め友人たちの妊娠・出産も増えてきて新たな生命の誕生もたくさん見てきました。

生まれる生命があれば、終える生命もあります。

28歳の友人が、急病で亡くなりました。
高校時代のアルバイト仲間で、よくライブに行ったりおいしいものを食べたりして遊んでいました。
最後に会ったのは、今年のはじめだったかな。
うちでずっとスーファミクラシックのパネポンをやっていました。
当然のように、いつでも会えると思っていました。
持病も何もない、レッドブルとタバコとコーラが大好きな子でした。
7月の末、熱中症だと思って病院に行ったら2日後には意識不明、約3ヶ月の闘病の末、短すぎる人生が終わりました。

28歳の友人の赤ちゃんが、生まれた翌日に亡くなりました。
彼女も、近しい友人です。第二子出産のために産休に入った友人からの誘いでランチに行きました。
待ち合わせ場所で会うなり、「あれ、そんなにお腹出てないねー!」
この日のランチはブッフェだったので「今回は体重制限大丈夫なの?w」と、私。
当然のように、元気な子が生まれてくると思っていました。
その日のランチの終盤、彼女から
「実は遺伝子異常があって、お腹の赤ちゃんは生まれてきても死産か、一日くらいしか生きられないんだ。」
そう告げられました。会った時からの、自分の会話を思い出してなんてことを言ってしまったのだろうと思いました。
23週(妊娠6ヶ月)の時にわかり、少しずつ現実を受け入れながら陣痛が来るのを彼女は待っていました。
そして、予定日より2週間ほど早く、自然分娩で出産しました。
かわいい名前もつけられたその子は、翌日に家族に看取られながらお空へ帰っていきました。

やっぱり生きてることって奇跡なんだ。
妊娠すること、母子ともに無事な出産をすることって、奇跡なんだ。
毎日を大切に生きていかなきゃいけないな。

そんなことを思った矢先の猪之鼻庭の閉店の知らせでした。

育休を終えたら、当たり前のように猪之鼻庭で結婚式の仕事ができると思っていました。
料理長の作り出す丁寧でおいしい料理を、当たり前のようにいつでも食べに行けると思っていました。

当たり前なんてことは、ないんだなあ。

だから、お客様がわざわざいらしてくださるなら絶対に会いに行こうと決めました。
実は、我が家から猪之鼻庭までは車で片道1時間以上かかるんです。
どうしても予定がずらせず、10分間しか滞在できない日もありました。

IMG_6802-min

IMG_6844

IMG_6872-min

それでも、会いたいから会いに行きました。
結婚式ぶりに会えた方もいました。知らぬ間に家族が増えている方もいました。ご両親を連れてきてくださった方もいました。
結婚式の時にはお腹の中にいた子や、小さかったあの子がすくすく育っていました。

突然のお知らせにも関わらず、皆さま揃って温かいお言葉と笑顔をくださり、胸が熱くなりました。
猪之鼻庭で素敵なお客さまに出会えたこと、一生の大切な時間を共有させていただいたことは私にとっての宝物です。

東日本大震災の後、南相馬を訪れた時に「私たちに今できることはありますか?」と聞いてみたら

「帰ったら、家族を抱きしめてあげてください」
そう、言われました。

いくら伝えても伝えきれないし、
毎日過ごしているとつい当たり前になってしまうけれど、
「当たり前なんて、ない」
そんなことを頭の片隅に置いておいていただきたいな、と思って伝えさせていただきました。

当たり前ではない毎日に、感謝を。

お忙しい中ご調整いただきご来店下さった皆さま、本当にありがとうございました。

inoha WEDDING
ウェディングプランナー
神馬 彩夏

こだわれる場所であること

気づけば8月の中旬になりました!
しかしなかなか夏らしい天気にはならず、思い切りのよくない空を見ることが多いです。

しかし、そんな天気もinohaWEDDINGへ資料請求のお問い合わせが増えてきていることで、吹っ飛ばせそうです(笑)
頂くお声は実に様々です。

「少人数での和やかな結婚式にしたい」

「アットホームな雰囲気でゲストをもてなしたい」

「とにかくおいしい料理を楽しんでもらいたい」

「引き出物は一人ひとりに違うものを用意したい」

「会場装飾にこだわりたい」

「あまり予算はかけずにできるでしょうか」

「素敵な写真をたくさん撮りたい」

「忙しくて準備時間が取れないのですが、大丈夫ですか」

「直近の日程を希望なのですが、準備は間に合いますか」

などなど。
正直なところ

「もっとください!!!!!なんでも、まずは言ってみてください!!!」

という心情です。

かけがえのない、一日です。
一生に一度の、一日です。
新しい家族が誕生する日であり、新しい縁が結ばれる日であり、
今までの人生を振り返る日であり、
たくさんの「おめでとう」
たくさんの「ありがとう」
たくさんの「これからもよろしく」
にあふれる一日です。
そして、お二人の新たなスタートです。

ぜひこだわってください。
こだわれる場所であること、もinohaWEDDINGの誇りです。

現在、来年のご予約も頂き始めております。
inohaWEDDINGを見つけて頂き、選んで頂いたご縁に深く感謝し、気合十分に準備を進めております!!

もし少しでもinohaWEDDINGに興味を持って頂けたのであれば、ぜひお問合せ下さい。資料請求も、もちろん大歓迎です。
予定が無くなったから、ちょっと行ってみようかな、なんて気軽さで当日お店にお電話頂き、ご来店、という方も大歓迎いたします!!
(猪之鼻庭は火曜日を定休日として頂いておりますので、お気を付けくださいませ)
もちろん、ブログの中の人に会いに来て頂く、というのも大アリです‥‥(笑)

それでは皆様
本日も素敵な一日をお過ごしください。

inohaWEDDING
プランナー 中溝

このお二人、とっても仲良しだったなぁ

th_20170611_35

中溝より 「はじめまして」を終えて  

3連休の中日、相変わらずうだるような暑さですが、皆様どうお過ごしでしょうか。
こんにちは、inohaWEDDINGの中溝です。

つい先ほど、inohaWEDDINGにて中溝が担当となる2組目のお二人とのお打ち合わせを終えました。

「はじめまして」の瞬間はやはり特別。
意味なくスーツを羽織りなおしたり、お店の中を歩き回ったり。
なんとも待ち遠しくて仕方なかったです

そんな「はじめまして」の瞬間、いつも200%のSMILE☆を心がけています。
自分なら、大切な一日を任せる人はそうであってほしいから。

勝負服ならぬ、勝負”顔”です。

そして、ご挨拶

「はじめまして!どうぞ宜しくお願い致します。」

実は、今回のお二人は以前から猪之鼻庭に足を運んでくださっていたお二人。

「この雰囲気が好きで、決めたんです」

と柔らかく笑いながら教えてくださいました。

ここが良い、と選んでいただく
こんなにうれしいことはないですね
絶対に素敵な一日になるよう、全力でサポート致します。

プランナーこそ、お二人の最大のサポーターであるべきだと思います。
今日改めて、法被を着て、鉢巻きを締めて、そして、メガホンを手に取る代わりにPCの前に座っております。

猛暑よりも暑苦しくいきましょう!!!!!!!!!

それでは皆様
水分補給をしっかりとって、楽しい休日をお過ごしください☆

inohaWEDDING 
プランナー 中溝

inohaWEDDING 中溝より 

inohaWEDDINGの創始者(かっこいい笑)であり、プランナーであり、そしてつい先日お母さんとなった神馬からinohaWEDDINGを任されて2か月が過ぎました。

改めまして、皆さんこんにちはinohaWEDDINGの中溝裕美子(なかみぞ ゆみこ)です。
大好きなものはロード・オブ・ザ・リングとDisneyと蕎麦と雪!!苦手なものは辛いものとカメムシです泣

そんな私ですが、現在inohaWEDDINGにて初のプランニングを行っています。
何しろ”プランのない結婚式”を創り上げる場所。思いもよらぬことが出てくることもありますが、神馬をはじめとする多くの人々の力を借りつつ、また、自らの経験と想いを基に、日々試行錯誤と体力勝負でこなしております。
しかし、私が初担当をさせて頂くお二人は驚くほどに素敵なお二人で、日々パワーをもらっているのも事実です(*’▽’)

そんな日々の中、少しずつ資料請求のお問い合わせも頂くようになり、御礼の文章をしたためる様にもなりました。なるべく素敵な言葉を使うよう心掛けてはおりますが、実際は

「絶対に素敵な一日を創り上げますから見学にいらっしゃってくださああああああああああああああああああい!!!!!!!!」

ぐらいの温度を込めております笑

結婚式は、本当にすごい場所だと思います。
お二人がいて、お二人の大切な人たち、ご両親、ご兄弟、御親族、恩師、上司、部下、友人その皆がいて、一か所に集まっていて、同じ時を過ごし、同じ感情に笑って、涙して、また笑って。
きっとそれこそが「一生に一度」という事なんだと思います。
そう考えれば考えるほどに、結婚式は挙げてほしい、と強く思います。
「挙げたい」という気持ちが少しでもあるのであれば、たとえどんなにネックなことがあっても、諦めないでください。
そんなあなたたちのサポートをしたくてうずうずしている人間が、ここにいます。

「一生に一度」の時間の一瞬一秒に価値を付けたい
選んで頂いたのであれば、何が何でもあなたたちを幸せにします

それでは皆様、
本日も素敵に幸せな一日をお過ごしください☆

inohaWEDDING
中溝image1

inoha WEDDING神馬よりこれからのお知らせ

こんにちは。
inoha WEDDINGプランナーの神馬でございます。

初夏のような気持ちのいい日が続いていますね。
あっという間に5月もあと3日となってしまいました。

以前こちらのブログでお伝えさせていただいた通り、結婚式に対する想いだけでたくさんの方々にご協力いただきながらinoha WEDDINGを立ち上げ、猪之鼻庭を見つけてくださった新郎新婦さまと共にここまで結婚式のお手伝いをさせていただいた私神馬ですが、6月1日より自身の出産のためにしばらくお休みをいただきます。

少しでも多くのカップルに結婚式を挙げていただきたい。
結婚式は夫婦としての基礎工事でありあくまでもスタート地点。
お金がないから結婚式ができないという人たちをひと組でも減らしたい。
そんな想いでここまで来たため、
プランナーがお休みに入るからと外部の方に代理でプランナーをお願いはできない
お店のスタッフに普段の営業とウェディングのお手伝いを任せるのはどちらのお客様にとっても失礼になりかねない
では、お休みの間は結婚式の受付をストップしよう、というところに落ち着きそうでした。

そんな時にいろんな縁が巡りに巡って、5月より猪之鼻庭に新しいスタッフが入りました。
学生時代、弊社の系列店でホールスタッフとしてアルバイトをしており、就職のタイミングでブライダル業界へ。
実際に働いてみるとブライダル業界というのは華やかな裏側は激務・・・(悲しいかな離職率の高い業界です)
そんな彼女が、地元に戻って働こうと考えた時にアルバイト時代の社員に相談をしたのがきっかけで弊社に戻って来てくれました。

彼女は実際に猪之鼻庭での結婚式を見たことがあるわけではないので、
今すぐにまるっと今までのカタチでinoha WEDDINGを引き継ぐのは難しいと判断しましたが、これまで私と一緒に全てのウェディングを見て来た猪之鼻庭ホールマネージャーの日比野と共に協力しながらであれば、「猪之鼻庭で結婚式をしたい」とおっしゃってくださるお客様のお手伝いができる確信をしました。

ZFKXvpFTqGSwZr01495434957

新しく猪之鼻庭に入ってくれた中溝と、ホールマネージャーの日比野です。
ご覧の通り、やる気が漲っております(笑)

私たちに共通する想いは、【目の前のお客様に喜んでいただきたい】ということ。
私も中溝も、結婚式に憧れてこの業界に入ったのではなく、【笑顔を引き出したい】【喜んでもらいたい】そんな想いからこの業界を選びました。

一生に一度の結婚式。
悔いなく、心の底から楽しんで当日を迎えていただきたい。
お二人にとっても、ご家族にとっても、ゲストにとっても意味のある一日にしたい。
そんな想いを持って猪之鼻庭でお待ちしております。

仮予約するまで帰さないとか、内金をいただくとか、長時間に及ぶ拘束などは一切ございません。
inoha WEDDINGが気になっている方は、ぜひお気軽にご連絡くださいませ。

さっそく、Instagramの更新を中溝がマメにしてくれています。
私は投稿をサボりがちだったので、より身近に猪之鼻庭を感じていただけるかと思います。
ぜひ、フォローをお願いします♪

*****

これで、安心して出産に挑めます!(笑)
生まれてくる子どもの状況や保育園次第で復活の時期は未定ですが、必ずパワーアップして戻ってまいります。
まずは一旦、ここまで関わってくださった皆様に厚く御礼申し上げます。
これからも、inoha WEDDING並びに猪之鼻庭をどうぞよろしくお願いいたします。

inoha WEDDING
ウェディングプランナー
神馬(ジンバ)

スマイルレポート更新しました【Give,give,give and give.〜あなたからのおくりもの〜】

こんにちは。
inoha WEDDING プランナーの神馬でございます。

GWが明け、皆さんどんな気持ちでお過ごしでしょうか。
私は、産休まであと1ヶ月頑張るぞー!と思いきやしょっぱなから風邪をひいてしまい、思いがけずの連休となったゴールデンウィークでした。
空気も乾燥していて喉や鼻からくる風邪が流行っているようなので皆さまご自愛くださいませ。

さて、2017年第一号のウェディングのスマイルレポートを更新しました。

main
コンセプトは【Give,give,give and give.〜あなたからのおくりもの〜】

わたしと新郎新婦さまと、一緒に作った想いのたくさん詰まった言葉です。
とにかく、全てに意味を持たせ、こだわらないことにこだわり、愛に溢れていました。
ここであまり語るのももったいないので、ぜひスマイルレポートをご覧ください。

そして、以前ブログで「いつか本にして出版したいくらい」とスマイルレポートについて語ったところ、スタッフの子が気を利かせてくれ、紙媒体でも見ていただけるようになりました。
kfcA67VJqjvtaox1494317003
↑ちょうど一年前のお二人^^

猪之鼻庭の待合スペースに置いておこうと思いますので、ご来店の際にぜひご覧いただければと思います。

***

先日の大切なお知らせというブログに対してたくさんの反響をいただきました。
不安も大きかったけれど、少しでも「間違ってないんだ、共感してくださる方もいるんだ」という気持ちになり安心しました。
あれから約2ヶ月が経ち、毎日大きくなるお腹に着々と実感が湧いてきています。
妊娠期間の十月十日というのは、アクティブわんぱく女子を母として意識させるために必要な期間なんだなあとも感じています。笑

また改めて正式にご案内はさせていただきますが、今夏〜今冬に結婚披露宴をご検討中のお客さまのご案内はストップさせていただこうと思います。
来春以降に結婚式をお考えのお客さまについてはお受けできるかと思いますので、決まり次第HPにてご連絡させていただきます。

***

産休前最後の結婚式も先日無事にお開きとなり、ゆったりと仕事をしながら過ごしています。
たくさんの方にご協力、お気遣いいただきました。本当にありがとうございます。

2016年に猪之鼻庭で結婚式をされたお客さまからの出産報告も届き、2017年の結婚式の写真データも続々届き、とっても幸せな気持ち。
恋愛、結婚、出産という奇跡の連続の真ん中にあるのが結婚式。
周りの人と比べることなく、自分(たち)が幸せだと思う過ごし方を見つけて欲しいと思うからinohaではコンセプトを大切にしています。
のんびり、のんびりそれぞれのペースでいきましょうね。

資料請求・お問い合わせはコチラ
今までのスマイルレポートもぜひご覧ください♪

inoha WEDDING
ウェディングプランナー
神馬(ジンバ)

大切なお知らせ

こんにちは。
inoha WEDDINGプランナーの神馬でございます。

先日26日は2017年最初の結婚式でした。
昨年9月から、お仕事もお忙しい中で「形にこだわらないことにこだわる」という、
自分たちらしさを極めながら手作りたくさんで準備を進めて来られました。

lcweldW1nEW7kG41488270936_1488270994

3ヶ月ぶりの結婚式ということもあり、私自身も3日前からそわそわ・・・
当日は朝からお天気も良く、もう8割成功!
無事にお開きになって本当にホッとしました。
家に帰って、電池が切れたように思いっきり倒れこみ泣いてしまいました。(笑)
思いやりに溢れる本当に素敵な1日だった。

そして、タイトルに書いた大切なお知らせです。
実は、inoha WEDDING唯一のプランナーである私神馬ですが、7月に赤ちゃんが産まれる予定です。
XxFjo4baqC0tyEZ1488271803_1488271822
先日、結婚式でいつもお世話になっている星川杉山神社さんへ安産祈願に行ってきました。旦那くん勝手に顔出しごめんね笑

私たち夫婦は結婚して3年半、待ち望んでいた子ではあります。
しかし、いざ妊娠となるとinohaはどうしようということが頭に浮かんできました。

ここまで、お店のメンバーやたくさんのスタッフの皆さま、そして大切なお客様に恵まれinohaは育ってきました。
私が産休・育休を取る間は猪之鼻庭での結婚式はどうしようか、たくさん考えました。

6月から産休を取る予定ですが、正直まだ結論は出ていません。
ただ、先日結婚式を終えて確信したことがあります。

inoha WEDDINGは私がいるから成り立っているんだということ。
決して自惚れているわけではなく、よくも悪くも、です。
お店のメンバーがとことん付き合ってくれて温かい空気感を出してくれていること、
お客様に合った最強のスタッフをご紹介して、最高にアットホームな中で当日を迎えること。
そして、私のミスや間違いをしっかりと指摘してくれてそれでも柔軟に対応してくださること。

もちろん費用のことなどもありますが、ひとまず私がお休みをすることは避けられるものではなく、どんどん日は進んでいきます。

決まってからお知らせをと思いましたが、今回は私がお休みをいただくことをご報告させていただきます。

そして、このご時世。保育園に預けられるかどうかもわからない。
そんな中で、保育園に預けるために仕事に無理に早く復帰するということは、私の生きたい人生とはなんだか違う気がしています。
こんなことを言うのは贅沢なのかもしれないけれど、私は自分の生きたい人生を思いっきり生きて、
出会った新郎新婦さまにとっても少しでも刺激になるような、参考になるような生き方をしたいと思っています。

私がお休みしている間、他の人にプランナーを頼むのか、お店のメンバーだけで対応するのか、結婚式の受付を止めるのか。
まだどうなるかはわかりません。
ただ、私がお休みしている間に結婚式を挙げる方達にとっても一生に一度の結婚式です。
中途半端な気持ちで準備を進めたり当日を迎えるわけにはいきません。

もう少し時間をとって、お店のメンバーともよく話をして決めたいと思います。

*****

妊娠がわかってから、両親がどんな気持ちで我が子を育ててきたか、
周りの人たちにどれだけ支えられて今の人生があるのかをすでに感じています。
そんな風に育ってきた一人ひとりの人生を決して無駄にしてはいけない。

そんな想いをもっともっとたくさんの人に伝えなきゃいけないと感じました。
産まれる前から、我が子の誕生と人生、結婚式が楽しみで仕方ないし、
復帰した後にプロデュースする結婚式もとっても楽しみです。

*****

なんだか全くまとまりのない文章になってしまいましたが・・・
私神馬は、2017年6月から約1年間の産休・育休をいただく予定です。
もしかしたら保育園に預けられなくて延びるかもしれないし、
仕事がしたくてうずうずして早く復帰するかもしれません。

産休まであと3ヶ月、2組のカップルの結婚式もあります。
新郎新婦さまにとって最幸な一日を約束します。

この件については、引き続きご報告をさせていただきます。
確定事項ではない中での報告で恐縮ですが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

2017年2月28日
inoha WEDDING
ウェディングプランナー
神馬 彩夏